事業融資を受ける上での心構え

事業融資・ビジネスローンで資金繰り

MENU

事業融資を受ける上での心構え

事業資金は事業資金目的で借入できるのが特徴で、原則として総量規制の対象になりません。総量規制の対象になる事業融資があるなら、それは多目的ローンのキャッシングから借りる場合です。消費者金融のキャッシングを事業融資の代用とする場合は、総量規制の対象になります。

 

基本的にキャッシングはサラリーマンを対象にしたローンなので、事業者は借入できないことがあります。特に事業目的で借りる場合は融資不可となるケースが多いので、専用の事業融資を活用するのが好ましいでしょう。

 

事業資金を調達する上で大切なのは、低金利で借入をすることです。金利が低いほど利息を圧縮できますし、短期返済も実現するでしょう。返済期間も利息に大きく関係してくるので、低金利・短期返済を意識した借入をしてください。ローンは早く返済するほどお得ですし、信用力を上げることにもなります。

 

担保を用意できる状態なら有担保ローンを利用するのもおすすめです。担保があると好条件の借入をしやすく、無担保ローンより低金利・高額融資が可能になります。当面は使う予定のない担保があれば、それを利用して事業資金を調達するとよいでしょう。1000万円を超える借入をする場合は、現実的に無担保融資では難しくなります。